メルマガ登録ページ

アドセンスのターゲット設定は○W○Hが肝!

目安時間:約 11分
【2019.1.30 メルマガバックナンバー】





今日はですね、前回のメールでも予告していた通り
ターゲット設定」についてのお話をしていこうと思います。

ターゲット > キーワード

メルマガでも、ブログでも

< とにかくキーワードって大事だよ!
< 需要があってライバルのいないキーワードを選んで・・・

という話を良くするからか、


キーワード設定が上手くいかなくて…

需要があってライバルのいないキーワードを選んでるのに
アクセスが…


っていうご相談メールが頻繁に届くんですが
いざメールのやり取りをしたり
ブログを見たりするとですね、




( ゚Д゚)< ちょいちょいお姉ちゃん、
     これキーワードが悪いんじゃなくて
     悪いの「ターゲット設定」だよ。

っていうケースが多い多い。



そして、大体やっちゃってるミスも一緒で


ターゲット > キーワード

じゃなくて

ターゲット < キーワード

の思考になっちゃってるんですよね。



何よりキーワードが大切なんだコノヤロー!( ゚Д゚)
ってなってるので、
ターゲット設定を後回しにしてるというか
ターゲットにあったキーワードを選んでるんじゃなくて

キーワードにターゲットを無理やりはめ込んでる状態
になってるんです。




例えばそうだな



1.記事のテーマを決めたら
  まず関連キーワード取得ツールなり
  goodkeywordなりにかけて
  どんなキーワードがあるかチェック

  ↓

2.その中からメインキーワードとして
  使えそうなキーワードを選んで
  ライバルチェックや需要をチェック。

  ついでにメインキーワードに合いそうな
  サブキーワードも2つくらいピック。

  ↓

3.イケそうなキーワードを見つけたら
  そのキーワードに「合いそうな」人を
  なんとなーくターゲットに決める

  ↓

4.yahoo知恵袋などで、さっき決めた
  ターゲットに「当てはまるような」質問を
  ピックして、その人をターゲットに設定


 

みたいな流れで、ターゲット主体じゃなくて
キーワードをメインに考えて
都合よく無理矢理ターゲットを当てはめてませんか?


コレね、絶対ダメですよー。


知恵袋上の人をターゲットにするな!とか
そういうことではなくてですね

別に知恵袋上の人をターゲットにするのは問題ありません。



でも↑の流れみたいな感じで
あくまで最初からキーワードがメインで
それに合うターゲットを無理やりはめ込むようなやり方しちゃうと
完全にキーワード主体の
自分勝手な記事」になっちゃうんですよ。


どういうことかというと、
1つの記事で「複数のターゲットがいる」状態になるんですね。




例をあげるとすると


メイン:バレンタイン 上司 渡し方
→ バレンタインに上司にチョコを渡すときの
  渡し方が知りたい人


サブ1:バレンタイン 上司 彼女持ち
→ 彼女持ちの上司にチョコをあげても良いのか知りたい人

サブ2:バレンタイン お礼状 取引先 
→ バレンタインに取引先の人から
  チョコを貰ったけどお礼状を書くべきか知りたい人




こんな風に、
「バレンタインのビジネスシーンに関すること」
ということは同じでも
キーワードによって悩みがバラバラなので、

ターゲットが同じ記事の中に
3人もいることになってしまう」んですね。




日頃お世話になってる上司へ
感謝の気持ちを込めてチョコを渡すけど
どんなタイミングで渡したら良いかな?
って渡し方を検索している。

って人からすると、
上司が彼女持ちかどうかなんて
別に上司のこと好きでもなんでもないし
日頃の感謝って意味で渡すんだから
どうでもええがな( ゚Д゚)って話ですよね。


ましてや取引先の人からチョコもらった時
お礼状はいるかどうかなんて
自分は贈る側なんだから、
もらう側のことなんて知らんがな( ゚Д゚)

って感じですよね。



こんな風に同じ記事の中で
ターゲットが3人いる状態ってことは
内容もバラバラなので、
せっかく見に来てくれた訪問者さんも、
さっさとサイトを閉じて
次のサイトに行く可能性大なんですよ。



そうなってしまうとグーグルから見ても


< この記事の離脱率高いし、
  滞在時間も短いな~

  役に立たない記事はいーらない|д゚)ノポイッ



って感じで、
上位表示されないという悲しい結果が待ってます・・・


個々のキーワードがいくらライバルが少なかろうが
需要があろうが、
ターゲットが定まってないことには
記事の内容もブレッブレになるので
せっかく良いキーワードを選んでも
全く意味がなくなっちゃうんですね。




な の で 



【1記事1ターゲット】 これは絶対に守るようにしましょう。



ターゲット選定をするときの基本的流れとしては
まず、マーケティング用語として
良く使われている
「5W1H」を思い浮かべるといいですよ^^


When: いつ
Where:どこで
Who: 誰が
What: 何を
Why: なぜ
How: どのように


↑コレね。



相手に物事を説明する時に、
何をどっからどう説明したらいいんだろう・・・
って時に使うのがこの5W1Hなんですけど

ターゲット選定をするときも
まずこれに当てはめて考えてみてください。



先の例だと、

When: バレンタインに
Where:会社で
Who: 私が上司に
What: チョコを
Why: 
How: どのように渡したらよいのか


こんな感じになりますよね。


Whyのなぜ?ということころが「目的」を表すところなので
一番大切になところです。


なので、このターゲットが
「どうして渡し方で悩んでいるのか」 という点が当てはめていきましょう。



なぜ?という目的と悩みを明確にするために、
次はターゲットをもっと絞っていきます。


要らない脂肪は削ぎ落してやるぜー!って感じで
とにかく絞って絞って絞りまくってください。


◆ ターゲット
バレンタインに上司にチョコを渡すときの
渡し方が知りたい人



・この人の年齢は?

・職場に勤めてどのくらい?

・上司との関係は(直属の上司なのか遠い関係なのか)

・以前も渡したことがある?

・渡すものは?

・上司のことをどう思ってる?

・困ってることは?



・・・みたいな感じで、とにかく情報を絞って
ターゲットの悩みを明確にしていきます。


もしこの人が上司のことが好きだったら、
同僚達に渡すチョコとは別のものだから
職場の同僚たちにバレないように
渡したいのかもしれない。


ただの日頃のお礼として渡したい場合は、
上司に勘違いされることなく
自然に渡す方法が知りたいのかもしれませんよね


その人その人で感情や悩みは違うので
同じ上司へのチョコの渡し方の悩みだったとしても
全く違う記事」になるんです。



なので、ターゲットはとにかく細かく絞って


「その人がどんなことに悩み、
 どんな風に解決したいと思っているのか」


目的や悩みを明確にしてから
キーワードを決めるようにしましょう。



流れをおさらいすると


1.まずは5W1Hに当てはめて
  ザックリターゲット像を決める。
 
 ↓

2.ターゲットのあらゆる情報を絞り出してから
  Why?(なぜ)の目的と悩みを
  より明確にする


こんな感じです。


こうすればターゲットもバチっと型にハマるので
その後に続くサブキーワードもすぐに決められますし
ブレのない記事が出来上がりますよー!

ぜひ試してみてくださいね^^



以上、ターゲット設定についてでした。
お疲れ様でした♪

============================

少しでもあなた様のお役に立てましたら、
応援クリックをしていただますと、
泣いて喜びます・・・↓

にほんブログ村 小遣いブログ 主婦のお小遣い稼ぎへ

===========================

今回の記事に関しての疑問や感想、
アフィリエイト関連のお悩みがありましたら、
いつでも莉子宛にメールください^^
莉子にメールする方は → コチラ

===========================

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

プロフィール

プロフ

莉子(りこ)です

4歳の息子が1人と第2子妊娠中!

育児と家事に
毎日追われながら
在宅ワークでひっそり稼いでいる主婦です
詳しいプロフィールはこちら

応援お願いします!
良く読まれている記事
カテゴリー
メタ情報